テクノストラクチャー

テクノストラクチャーの家

banner01住宅性能表示で構造安定性能の等級3の基準に適合するかどうか、パナソニックの構造計算によって確認した結果です。
(地震保険で耐震等級割引を受ける場合には公的評価書が必要です。詳しくは保険会社にお問い合わせください。)

構造計算 「もしも」の災害をシュミレーション
テクノストラクチャーでは、一棟一棟ごとの構造計算(災害シュミレーション)を設計段階で行い、8段階388項目(多雪区域では440項目)におよぶ厳しい強度チェックを、すべてクリアした住宅だけが建設されるシステムを採用しています。

『設 計』 緻密な構造計算(災害シュミレーション)を実施

専門スタッフによる構造計算をすべての住まいに

2_2


大地震・台風・豪雪に耐えられる家かどうか事前シュミレーションします。補強が必要ならば改善を重ね、すべての項目がOKになるまで「何度でも」チェックを行います。

7


8段階388項目(多雪区域は440項目)におよぶチェックで「耐震住宅」に

1 基礎の強さ 101項目
基礎に生じる力をチェック
家の重み、地震や風などにより
基礎にかかる力をチェックします
9

2 柱の強さ 62項目
柱に生じる力をチェック
床や屋根の重み、地震や風などにより
柱にかかる力をチェックします。
10_1


3 梁の強さ 129項目
梁に生じる力をチェック
床や屋根の重みにより梁にかかる力をチェックします。8

4 柱接合部の強さ 32項目
柱接合部に生じる力をチェック
柱と土台などをつなぐ金具部分にかかる力をチェックします。


5 梁接合部の強さ 26項目
梁接合部に生じる力をチェック
梁をつなぐ金具部分にかかる力をチェックします。3_1

6 耐力壁の量 18項目
耐力壁の量をチェック
地域に応じた積雪量や風の強さも考慮、
十分な量の耐力壁が確保されているかどうかをチェックします。


7 耐力壁の配置 12項目
耐力壁の配置をチェック
耐力壁の配置バランスのチェックに「偏心率0.15以下」という
厳しい基準を用いて全体的な壁配置をチェックします。

8 床の強さ 8項目
床の強さをチェック
耐力壁が十分な強度を発揮するよう、
それらをつなぐ床面・屋根面などの水平面もチェックします。


goukaku02


設計完了・建設開始
住まいの診断書を
お作りします。

あなたの家の災害シュミレーションの結果をしっかり掲載。各種の構造設計図面もお渡しします。

テクノストラクチャー構造計算書

テクノストラクチャー構造計算書

構造計算保証書

構造計算保証書



『実 証』 実大振動実験で立証

実大振動実験で震度7をクリア
テクノストラクチャーの構造仕様は、
阪神淡路大震災クラス(震度7相当)の揺れを5回に
渡って加える実験もクリア。
激震に耐えうる高い構造強度が立証されています。

実大振動実験

実大振動実験


部材品質 「強い家」を支える強固な構造部材
テクノストラクチャーの住宅は、構造部材の強度、品質にもこだわっています。一棟一棟の住宅品質に差が生じないよう、金具ひとつにまで細かな仕様を規定し、構造計算通りの強度を確保します。そのこだわりが、家全体としての高い品質、安定した構造性能を実現しています。

『梁・接合部』 構造の要を、鉄と集成材で強化

鉄と木の複合梁「テクノビーム」
テクノストラクチャーでは、家を支える大切な梁に鉄と木の複合梁「テクノビーム」を採用。接合部も金具で強化し、ムクの柱*1の1.5倍の強度を持つ集成材柱*2でさらに耐震性を高めています。

*1 ムク材:平成12年建設省告示第1452号に定める「すぎ」無等級材。
*2 集成材:平成13年国土交通省告示第1024号に定める強度等級E95-F315集成材。

7_3

『ひろびろ空間』の秘密

従来の木造住宅

弱い梁

弱い梁

梁が弱いとたわみが出て、
構造全体もグラグラ。

テクノストラクチャー

8_1

テクノビーム

梁の強さが大空間を支えます。


『劣化対策』 長持ちの秘訣、劣化軽減

テクノビームのサビ止め処理
テクノビームの鉄骨のめっきには、「溶融亜鉛めっき処理」が施されています。万一のキズにも保護被膜をつくる「犠牲防蝕作用」により、テクノビームをサビから守ります。
※切断面は防錆塗装です。

 

一般的な塗装の鉄
万一キズが発生すると
塗装がはがれると内部まで
サビが進行します。

sabi02

 

テクノビームの亜鉛めっき
万一キズが発生すると
亜鉛の作用で新たな被膜が
生まれ、鉄を保護します

hogo01

 


 

『基 礎』 強固な基礎仕様

建物の足元を強固に支えるベタ基礎

「ベタ基礎」は耐震性・耐久性が高く、建物の荷重を厚いコンクリート盤でガッチリと支えるため、地震時の横揺れに対しても強さを発揮します。

基礎


 

住まいづくりに最も重要な
4つの要素にこだわっています。

 

構造計算 部材品質 施工品質 断熱性能

Technology + Structure

Technology(科学技術) + Structure(構造体)


施工品質 「強い家」は確かな施工から
テクノストラクチャーは施工品質を特に重要視しています。どんなに強い家も、確かな施工があって初めて実現するものだからです。

『施 工』 テクノストラクチャー工法採用ビルダー

テクノストラクチャー工法採用ビルダーとは、パナソニックの施工認定を受けた地域の優良ハウスビルダーのことを言います。
テクノストラクチャー工法採用ビルダーだけが、テクノストラクチャーの住まいを建設・販売できます。

14

テクノストラクチャー工法 採用ビルダーによる責任施工

21

施工管理者等による施工検査

施工管理者認定登録証

施工管理者認定登録証

PB会員証

PB会員証

テクノストラクチャー工法採用ビルダーは、地域に密着したサービス力と、
パナソニックに技術
力で高品質でながく価値ある住まいを親身にご提案させていただいます。
※パナソニック株式会社やパナソニックESテクノストラクチャー株式会社ではお客様からの直接の請負はしておりません。kankei01


断熱性能  次世代省エネルギー基準対応
家全体を、次世代省エネルギー基準の高い断熱性能とすることにより、屋外の不快な温度をシャットアウト。
広いリビングや、リビング階段のあるお家でも省エネルギーで快適な暮らしが実現します。

『冷暖房費節約効果』 地球と家計への思いやり

hikaku03

『窓まわり』 アルミ樹脂複合サッシ + Low-Eガラス

優れた断熱効果のサッシとLow-Eガラスにより、室内外の温度差による結露を防ぎ、外気の室内への流入も防ぎます。
ガラスには紫外線カット効果も。

27

28

※「次世代省エネルギー基準」とは2009年に改正・告示された、住宅に係わるエネルギー使用の合理化に関する基準であり、住宅の省エネに対する重要な目安です。断熱性能等の一定基準を定め、それをクリアした建築は温熱環境について最高ランクとして扱われます。


メーターモジュール仕様
テクノストラクチャー工法の住宅では、ひと回り大きなゆとりを生むメーターモジュール仕様もご用意しています。
従来の910mmの尺モジュールに対してメーターモジュールは1mが基準。90mmも大きくなります。

 

同じ間取りで広さに違い!
従来の約1.2倍の広さが確保でき、6畳間では、従来
の尺モジュールの和室の約7.2畳に相当します。

m1

 

収納力に差。大きくワイドな収納!!
押入れは従来の住宅に比べ約1.3倍の容積を確保で
きます。スペースの余裕により、通気性もアップします。

m2

 

広々廊下で開放的な印象に!
一般的な尺モジュールより90mmワイドな約870mmで、
余裕の広さ。この値は、長寿社会対応住宅として、
国土交通省が推奨する850mmを超える値です。

12

P1